ベビーモニター

ベビーモニター

ベビーモニター

このページは「少子化・高齢化社会で広がる監視カメラの活用 」の情報コンテンツです。
ベビーモニター > 少子化・高齢化社会で広がる監視カメラの活用

豆知識

少子化・高齢化社会で広がる監視カメラの活用

少子化、高齢化社会を迎えて、監視カメラの使い方も変わってきています。映像によって得られる情報量は多く、この情報をどのように活用するかで、監視カメラの可能性が大きく広がります。

ベビーシッターによる虐待防止の副産物

日本ではそれほど普及していませんが、アメリカではベビーシッターを頼むことは一般的です。業界として大きく成長する一方で、ベビーシッターによる虐待という問題も出てきました。家にはベビーシッターと子供だけ。何が行われるかわかりません。そのため、監視カメラの普及が進んだそうです。これは親のニーズよりもベビーシッター派遣会社の自衛手段として行われました。

しかし、虐待防止のためのカメラ設置というのはビジネスとして苦しいので、子供の成長記録を撮れるという名目で行われたようです。はじめて寝返り、はじめて歩いた姿など、とっておきの一瞬がベビーシッターとの時に起こることもあるでしょう。あとで両親にもその時の様子が見てもらえるようにカメラの設置を進めたそうです。日本で今、普及が進んでいるベビーカメラですが、赤ちゃんの様子を確認するだけでなく、同じような使い方もできるでしょう。離れた暮らしているおじいちゃん、おばあちゃんにとっておきの一瞬を見せてあげるために、ベビーカメラを利用することもできます。

高齢化社会での監視カメラの活用

介護ビジネスの規模はどんどん膨らんできていますが、ここでもベビーシッターと同じ問題を抱えています。家族だけでは支えきれない場合は、ホームヘルパーを依頼することになりますが、残念ながらホームヘルパーによる虐待も起きています。やはりこのような問題を防ぐためには監視カメラが必要です。介護事業者、要介護者、家族の三者が安心できる体制作りが大切になってきます。

独居老人の危険

高齢化社会が進み、お年寄りの一人暮らしも多くなっています。一人暮らしでこわいのが、倒れても誰にも気付いてもらえないことです。亡くなってかなり日数が立ってから発見されたというニュースを見聞きします。すでにいくつか対策として製品化されたものもあります。一定時間、室内に動きがなければ、異常があったと判断して、本部センターの緊急ブザーがなるもの。電気ポットと本部センターがオンライン化されており、毎朝ポットのスイッチを入れることで元気だと伝わるものなどです。

こうしたものに加えて、モニターカメラの活用も今後どんどん進んでいくでしょう。映像から得られる情報は計り知れません。元気な様子が伝えられるだけでなく、寂しいときに話すこともできれば、お年寄りにとっても有意義に活用できるでしょう。

ベビーモニター 激安通販
ExecutionTime: 67 msec / Memory: 7.6 MB