ベビーモニター

ベビーモニター

ベビーモニター

このページは「介護に活用したいモニターカメラ 」の情報コンテンツです。
ベビーモニター > 介護に活用したいモニターカメラ

豆知識

介護に活用したいモニターカメラ

急速な高齢化社会が進み、また医学の進歩により以前なら亡くなってしまうようなケースでも命を取り留めることができるようになりました。その反面、介護が必要な人は年々増えており、500万人近い方が介護を必要としています。少しでも介護の負担を減らしてくれるのが、モニターカメラの活用です。

介護の手助けにモニターカメラを

団塊世代が60歳を超え、元気な方ももちろんたくさんいらっしゃいますが、介護を必要とする方も増えています。介護を受ける本人だけでなく、介護する側も大変なのが現状です。特に最近では、老老介護という問題も取りざたされています。核家族化が進むにつれて、高齢者が高齢者の介護をしないといけないケースが増えており、その負担に耐えるのが難しくなっています。

若い人であれば、隣の部屋の様子を見にいくのはそれほど手間ではありませんが、高齢者となると、様子を見にいくために、何度も行き来するのは大変です。そこで活用したいのがモニターカメラです。カメラを設置することで様子を確認できますから、頻繁に直接見にいかなくても済みます。これは大きな負担軽減になるでしょう。

要介護者も安心

モニターカメラをつけることで、介護する側の負担を減らすだけでなく、介護を受ける側も安心感があります。誰にも気付いてもらえないということは大変不安なものです。カメラにマイクが内蔵されているものなら、カメラを通して話すこともできますので、意思表示を行うことができます。トイレに行きたい、のどが渇いた、などの日常的なお願いだけでなく、トラブルが起きたときには助けを求められるので、事故を防ぐことができます。

認知症の事故防止に

認知症の場合は、体は元気なことも多く、また本人に自覚がないことから、まったく予測がつきません。いつのまにか外出してしまうこともよくあります。モニターカメラを本人には気付かれないように設置してしまうのも一つの方法です。何度も直接様子を見にいくとうっとうしがられることもありますから、カメラを通して確認します。認知症の方が徘徊して事故に遭うケースは多いので、早期に発見できるモニターカメラがあるととても助かります。

ベビーモニター 激安通販
ExecutionTime: 84 msec / Memory: 7.6 MB