ベビーモニター

ベビーモニター

ベビーモニター

このページは「監視カメラの可能性 」の情報コンテンツです。
ベビーモニター > 監視カメラの可能性

豆知識

監視カメラの可能性

侵入者や不正をしているものを捕まえる目的として、活躍している監視カメラですが、技術の発展とともに新しい可能性が生まれています。

リアルタイムに多くの情報を得られるビデオ

インターネットなど通信技術の発達により、さまざまな情報のやり取りが瞬時に行えるようになりました。昔の監視カメラは録画しておいて、あとで確認するものでしたが、現在ではリアルタイムに活用します。今起こっていることを見て、すぐに解決する。クイック・レスポンスを実践するために、リアルタイムに表示される監視カメラの情報は貴重です。また、静止画ではわからなかったたくさん情報を動画であれば得られます。音声も取得できれば、より臨場感のある状況把握ができるでしょう。動画の力は大きいのです。

マネージメントやマーケティングへ

防犯対策や不正防止を目的として発展してきた監視カメラシステムですが、システムの進化とともに新しいニーズが生まれています。カメラで捉えた映像を分析・活用することでマネージメントやマーケティングに活かすのです。

モニターカメラを利用して、社内会議を行えば、メンバーがわざわざ集まる時間や移動のための経費を削減できます。お店では定点カメラによって、客層や陳列スペースでのお客の動き、店内の導線など購買動向をチェック、分析することができます。幼稚園やペットホテルなどのサービスとしては、子供やペットの様子をモニターカメラを利用して見せることで、安心感を与えることができ、他社のサービスとの差別化もはかれるでしょう。

数字だけでは見えなかったものが見えてくる

例えば、ビールを1本買ったお客さん。レジのデータ上は、ビールを1本買ったことしかわかりません。しかし、その時の様子を動画で確認してみると、別のビールを探していました。店員に確認して、希望のものがなかったので、仕方なく違うビールを買ったのです。レジのデータだけでは、数字でしか把握できませんが、動画であれば、このような詳しい情報を得ることができます。その情報をどのように活かすかが重要ですが、多くの情報が得られる動画にはやはり大きな可能性があります。

ベビーモニター 激安通販
ExecutionTime: 331 msec / Memory: 7.6 MB