ベビーモニター

ベビーモニター

ベビーモニター

このページは「防犯から様子見まで利用される監視カメラ 」の情報コンテンツです。
ベビーモニター > 防犯から様子見まで利用される監視カメラ

豆知識

防犯から様子見まで利用される監視カメラ

現代社会では、至る所に監視カメラであふれています。道路、商店街、銀行、デパート、自宅玄関など。多くの人が集まる場所では必ずと言っていいほど、監視カメラが設置されています。

防犯用監視カメラの二つの役割

もともと監視カメラの設置は防犯を目的として設置がはじまりました。防犯を目的とする監視カメラには二つの役割があります。一つはカメラを人目につく所に設置することで、監視されていると気付かせて、犯罪を未然に防止する役割です。「監視カメラ作動中」と看板で大きく表示してあるところもあります。カメラがあることをわからせることで、犯罪を抑止します。

もう一つは、犯罪が起きたときの証拠としての役割です。この場合は、カメラの場所がわからない方が効果的です。犯罪を防止するためには、見せるためのカメラと証拠をとるカメラを複数組み合わせることで、より大きな効果を上げています。

社内改善に利用されるモニターカメラ

会社にも監視カメラが設置されています。外部からの侵入者を撮影することが一番の目的ですが、内部の不正行為の発見にも利用されます。また、防犯目的だけでなく、部下の仕事ぶりや接客態度を上司がモニターを通じてチェックすることで、社内業務の改善や営業活動の支援としてモニターカメラを利用しているところも増えています。複数の支店や店舗を抱えてくると、目が届きにくくなりますが、モニターカメラで遠隔地からでもチェックができますので、忙しい経営者には助かります。監視カメラが業務改善にも役立つのは、驚きでしょう。

介護や赤ちゃんのお世話に

自宅にも監視カメラを取付けている方が増えています。もちろん第一の目的は防犯ですが、それ以外にも利用法が広がっています。例えば、介護が必要なおじいちゃんの様子をモニターカメラで確認したり、赤ちゃんの様子を台所仕事をしながら、チェックできます。今までなら何度も直接様子を見にいっていたのが、モニターで確認できますので、その手間がなくなりました。防犯というどちらかと言えば物騒なアイテムであった監視カメラが、見守るためのアイテムというあたたかな役割が生じています。高齢化社会が進むこともあって、この役割は今後もどんどん重要視されていくでしょう。

ベビーモニター 激安通販
ExecutionTime: 241 msec / Memory: 7.6 MB