ベビーモニター

ベビーモニター

ベビーモニター

このページは「赤ちゃんを見守るベビーカメラとは 」の情報コンテンツです。
ベビーモニター > 赤ちゃんを見守るベビーカメラとは

豆知識

赤ちゃんを見守るベビーカメラ

子供を育てるということは想像以上に大変な仕事です。赤ちゃんはこちらの都合はお構いなし。目が離せなく、掃除や洗濯をするのも大変です。昔のように大家族でしたら、手助けくれるおじいちゃん、おばあちゃんがいましたが、最近はお母さん一人ですべてをこなさなければいけない家庭が増えています。そんなお母さんの手間を軽減してくれるのがベビーカメラです。

赤ちゃんに起こりやすい事故

小さな子供の行動は予測できません。何が危険なのかもわかっていませんので、危ない行動を取りがちです。まだ寝返りをうまく打てない赤ちゃんで起こりやすい事故が不慮の窒息です。布団を頭からかぶってしまったり、うつぶせになってしまい、呼吸ができなくなるケースがあります。また、赤ちゃんは何でも口に入れてしまうので、誤飲もよく起こる事故です。それから、もう少し大きくなれば、動きが活発になるのでベッドから落ちてしまうケースもよく見られます。そのため、親は子供からなかなか目を離すことができません。

ベビーカメラで赤ちゃんの様子をチェック

赤ちゃんから目を離せないとなると、掃除や洗濯、食事の準備など家の仕事がなかなか進みません。ストレスがかさなると、育児ノイローゼになってしまうこともあります。そんなときに利用したいのがベビーカメラです。赤ちゃんを寝かせて置く際に、ベビーベッドの中の様子が見えるようにカメラを設置します。お母さんはモニターで様子を確認することができます。

モニターは小さな物が多いので、家の中なら持ち運びが可能です。洗濯をしながら、食事を作りながら、赤ちゃんがきちんと寝ているか確認することができます。目を覚ましたり、泣き出したりと、もしなにかあれば、すぐに駆けつけることができるのです。万一の事故が起きてもすぐに発見できるので、大事にいたることは少ないでしょう。

豊富な機能を持つベビーカメラ

カメラには首振り機能がついているものが多く、画面から見えなくなっても遠隔操作で調整できます。また、寝かしつけるときは暗いことが多いと思いますが、赤外線LEDを搭載していれば、暗闇でもしっかりと様子を確認することができます。録画機能が搭載されていれば、お子さんのかわいい寝顔をSDカードへ保存することもできます。

ベビー布団で赤ちゃんを保護

ベビーモニターで見守っているからといって放置するのはとても危険です。 ベビーベッドの場合、周囲にクッションをセットする等して、落下の際に備えておきましょう。 またベビー布団を使っている場合、ハイハイする時期であれば かなり広範囲に移動してしまいます。そうなるとカメラも触ってしまって壊してしまうこともあります。 床に敷くタイプのベビー布団の場合、できるだけ高い位置から撮影するようにしましょう。できればベビーゲートがあれば良いですね。

ベビーモニター 激安通販
ExecutionTime: 418 msec / Memory: 7.6 MB